脳神経外科の医師が美容皮膚科の求人に応募

母が認知症にかかってしまい

脳神経外科の医師をしていましたが、その仕事に限界を感じて、美容皮膚科の求人を探すようになりました。
全く違う分野の仕事ですが、給料の高いことや当直のないことに惹かれました。
脳神経外科の仕事は当直が多いです。
脳梗塞のような病気はいつ起こるか分かりません。
もし起こってしまったら、緊急の手術が必要なことが多いのです。
そのために月に何回も当直を担当しなければなりません。
私はベテランの医師で、当直にも慣れていました。
ところが、母が認知症にかかってしまい、介護が必要になると当直は負担になってきました。
妻も医師なので、母の面倒を見ることはできません。
妻と二人で母の介護をしていますが、認知症が重くて、大変な苦労をしていました。
私の母の場合は、物忘れ以外にもいくつかの症状があります。
不眠と暴力です。
夜になると、急に怒り出して、私や妻を殴ることがあります。
それから夜眠らないで騒ぐので、こちらの睡眠が少なくなってしまいました。
良い施設を探したのですが、不眠があったり、他人の暴力を振る人は受け付けてもらえません。
母の症状がひどくなるにつれ、転職を考えるようになりました。
15年以上の経験があるので、最初は脳神経外科の医師を希望していました。
経験のない科の仕事は、自分はできないだろうと思っていたのです。
しかし、脳神経外科で当直のない病院をなかなか見つけられませんでした。
一つだけ見つかったことがあったのですが、給料が安すぎました。
給料にはあまりこだわらない方ですが、母のこともあるのでできるだけ給料が高いところに勤務したいと思っていました。
給料が多くなると、母を施設に入れる時も楽になります。

母が認知症にかかってしまい | 美容皮膚科の仕事のことを知りました